アメリカ先住民の土地でのカジノ運営に対する賛成・反対意見とは?

インディアン居留地には、実は、数多くのカジノが存在します。それが良いことなのか悪いことなのか、人々は疑問に思いますが、これには賛否両論あります。まず、良い点を挙げてみましょう。一番のメリットは、州と先住民族に雇用と利益をもたらすということです。賭け金10ドルにつき、ネイティブ・アメリカンは4ドルを得ることができます。また、遊休地から利益が生み出されることで、州にとっても利益となるのです。

しかし、忘れてはならないデメリットもあります。それは、カジノにハマって依存してしまう人がいることです。カジノは州にとってメリットのある娯楽施設ですが、ネイティブ・アメリカンの間でギャンブル依存症の発症を助長する可能性もあります。

インディアン居留地のカジノの是非を判断するには、その代償をよく見極めることが大切です。ギャンブル依存症の人を生み出してまですべきことなのでしょうか?この問題は、この先もずっと論争を引き起こしていくことでしょう。